ちょっと前に、ずっと欲しかった「ふがいない僕は空を見た」のDVDを購入しました♪

一度観ていますが、あらためて観ると前とはまた違った感想で、それはそれで面白いな、と思いました。

主演は永山絢斗くん、田畑智子さんですが、永山絢斗さん演じる卓巳の親友・福田良太役で窪田正孝くんも出てます。

なかなか、というかとても重要な役どころです。

2016.8.3

窪田くん演じる福田良太は、母親が離れて暮らしているため、認知症のおばあちゃんと団地で二人暮らしをしてます。

一人でおばあちゃんの世話をしながらの生活は大変で、コンビニの夜間バイトや朝の新聞配達をしてます。

めちゃめちゃ若い。

あ、窪田くんのブログなので、まるで窪田君が主役なの?となりますがご了承ください(笑)

良太は、惨めな団地生活から脱出するために、バイトの先輩・田岡から勉強を教えてもらうようになる。

田岡は病院の息子で高級マンション暮らしのお坊ちゃんです。というわけで、三浦貴大さんのハマり役って感じでした。

一方、良太と同じ団地住まいの同級生、あくつ純子が、コスプレセックス中の卓巳と里美の画像をみつけ、良太とあくつは憂さ晴らしにプリントアウトし、学校にばらまき、町中の郵便受けに入れます。

このシーンはとても印象的な感じに撮影されていて、評判がいいそうです。冷静に考えたらひどいシーンですけどね。

とはいえ、良太は家庭に問題があり、卓巳とは表向き親しくしてても、複雑な感情を持っていて、そのどうしようもなさを演じる窪田くんはうまかった。

やっぱり窪田くんはこういうせつない役が最高です。

映画の後半は、良太やあくつ、田岡の方が印象に残り、主人公を通しての生と性というテーマはちょっと弱かったです。

私は今のところ、家族との関係で問題を抱えてもいないし、そもそも友人関係もないしで、ふがいないけど、頑張って生きてます、というより、ただ生きています。死なないから生きている、といった感じで、この感じはタナダユキさんの言いたいことと同じなのでしょうか、全然違うのでしょうか・・・

田畑智子さんと永山絢斗さんの体当たりの演技でR18指定となっていますが、あらためて観ると、正直若い人へこそ伝えるべきのメッセージ性があるんじゃないかな、という気がして(私にはわかりませんが)、あそこまでのセックスシーンは不要だったのでは?と思いました。