ツイッターのタイムラインに「窪田正孝・柚希礼音がW主演する、舞台『唐版 風の又三郎』のテレビ放送が早くも決定」との情報が流れてきました。

6月にWOWOWで放送されるそうです。

テレビ放送とはいっても・・・ですね。

舞台「唐版 風の又三郎」は、2019年2月に東京のBunkamuraシアターコクーンで開幕だそう。唐十郎さんの舞台で、W主演の窪田正孝と柚希礼音のほかのキャストには、北村有起哉さん、丸山智己さん、江口のりこさん、山崎銀之丞さん、六平直政、風間杜夫さんなども出演されるそうです。

舞台らしい芸術的なビジュアルです。

ストーリーは、宮沢賢治の「風の又三郎」やギリシャ神話、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」、さらに1973年に起った自衛隊員による隊機乗り逃げ事件を織り交ぜた“幻想恋愛劇”だそうで、なんかめちゃくちゃ面白そうじゃん、って感じなのです。

東京公演の他、3月からは大阪・森ノ宮ピロティホールでも上演されるとのことです。

観たい~けど、地方に住むものにとっては、厳しい現実。

だからこそのテレビ放送のニュースだったのに、WOWOWかよ!と。

ま、そんな愚痴は置いといて、

なんか窪田くん、前にもこんな舞台に出てなかったなかな~って思ったら

2013年に唐作、蜷川演出の「唐版 滝の白糸」でした。

そのときのビジュアルはこんな感じ。

この舞台も以前WOWOWで放送されているんですよね。

おなじみのムキムキ。

2013年ってことは、

ドラマ「最高の離婚」とか「SUMMER NUDE」とかの頃、

まだキャラ変前の初々しい窪田くんのときです。

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」とか、その頃です。

私にとって唐沢さんの罪は大きい、ってのは冗談ですが、

あの頃の窪田くんにはもう戻らないの、と思うとちょっと寂しいかな・・・なんて。