窪田くんが主演に決まった新月9ドラマ『ラジエーションハウス』ですが、漫画に疎い私は全然知らない作品。

ということで、『ラジエーションハウス』について調べておきました♪

『ラジエーションハウス』は、集英社の雑誌「グランドジャンプ」で連載中の漫画だそうです。

「グランドジャンプ」の発売日は毎月第1・第3水曜日の月2回です。グランドジャンプにもちろん「ラジエーションハウス」のドラマ情報載ってるそうです。

原作は横幕智裕さん、作画はモリタイシさん。

横幕智裕さんはTVドラマの脚本や構成に携わっている方で、ドラマ『明日をあきらめない…がれきの中の新聞社~河北新報のいちばん長い日~』で、東京ドラマアワード2012単発ドラマ部門グランプリ・第8回日本民間放送連盟日本放送文化大賞グランプリを受賞されています。

他にも漫画の原作も担当されていて『Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁』が同じく連続ドラマ化されています。

2014年4月9日~水曜10時枠、香取慎吾さん主演で・・・う~ん、そんなドラマあったっけ!?平均視聴率7.4%で、あまり人気はなかったんでしょうか。となると、『ラジエーションハウス』も心配になる・・・。

漫画家モリタイシさんは「週刊少年サンデー」の『県立伊手高柔道部物語 いでじゅう!』で連載デビュー。代表作に
『RANGEMAN』『まねこい』などがあるそうです。どれも知らないなぁ。

2015年春に映画化された中田永一作『くちびるに歌を』のコミカライズも担当されています。これはガッキー主演の映画を観ました♪小説も読んだけど、漫画も出てたんだ~。

それはさておき、『ラジエーションハウス』のストーリーは、窪田くん演じる診療放射線技師・五十嵐唯織は的確な医療画像を撮影し、その画像から隠された病気を見つける技術は一流だけど、コミュ障で人間関係での失敗を繰り返す。ある日、憧れの幼馴染・甘春杏が放射線科医として勤める病院に採用され、そこで、彼女を技師として支えようとする。

一方、杏は「放射線技師はマニュアル通りにスイッチを押して画像を撮るだけの仕事。誰がやっても同じ」だと思っていたが、唯織が並外れた読影技術の持ち主であることに気づいていく。

視えない病を診つけ出す、画像診断医療医療ミステリーです。

さて、このドラマが成功するかどうか、脚本は『グッド・ドクター』の大北はるかさんです。『グッド・ドクター』はお涙頂戴&医療もので、しかも、もとは韓国のドラマなのでまあ、外れることはないでしょう、といった感じ。

監督はベテラン(だと思う)『HERO』シリーズの鈴木雅之さんです。窪田くんの今後を左右するドラマになると思うので、ぜひとも成功させてください”ェィ(≧∇≦*)o”ェィ(≧0≦*)ノ”ォゥ!!