ラジエーションハウス第2話のあらすじ

窪田くん演じる五十嵐唯織は、和久井映見さん演じる病院長から、放射線科医として働く気はないのかとあらためて尋ねられる。

唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で、病気について深く知った方が良いと思ったからで、放射線科医と技師がタッグを組めば最高の診断ができるはずだと言う。

そんな唯織の思いを受け止めた病院長は、技師として働く以上は、周囲に医者であることがばれないように、と指示します。

一方、遠藤憲一さん演じる技師長の小野寺は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒み続けていた。

そんな頃、病院に、膝の痛みを訴える少年、健太郎が母親と病院を訪れる。

本田翼さん演じる杏と鈴木伸之さん演じる整形外科医の辻村は、健太郎のエックス線画像の読影をし、成長痛だろうと診断し、しばらく経過を見ることにする。

ラジエーションハウスでは、広瀬アリスさん演じる広瀬裕乃が、MRI検査を行おうとするも携帯電話を手放そうとしない患者、富恵に手を焼いていた。

閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話の愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と言うが、丸山智己さん演じる威能圭が機転を利かせ、なんとかMRI検査を始めた。

その様子をみていた唯織は、昔、杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出し、杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考えていた。

富恵が検査をしている間に、病院の外につないであった富恵の愛犬が逃げてしまう。唯織が捕獲し、連れて戻ったが、犬を連れ去ったと疑われ、浅野和之さん演じる診療部長の鏑木安富から怒られる。

実は富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。

一方杏は、健太郎に膝の痛みは成長痛なので心配しないように話す。健太郎は、シングルマザーで、仕事が忙しい母美佐子に構ってほしくて大げさに痛がったのだと言った。

検査を終えた健太郎と美佐子は病院前のバス停でバスを待っていたが、美佐子が激しい腹痛に襲われ倒れてしまう。

その場に居合わせた男の子が健太郎に付き添い、美佐子は病院でレントゲンを撮るも、特に目立った所見はなかった。

ところが小野寺が美佐子を見たことがあると言い、「副腎皮質ガン」の治療を受けていた女性であることが判明する。それを聞いた唯織は、仕事を理由に検査を拒む美佐子にCT検査を受けるよう説得し、検査の結果、膵炎が痛みの原因だとわかり、美佐子はしばらく入院することになる。

唯織が健太郎の元に向かうと、健太郎に付き添ってくれていた男の子が、小野寺の息子の大樹であることが分かり、ラジエーションハウスに案内する。

小野寺はタバコを吸うためにその場にいなかったが、大樹は離婚届を持ってきていて、ちゃんと書くように伝えて欲しいと言い、置いていこうとする。

しかし山口紗弥加さん演じるたまきが、「自分で渡しな」と、離婚届を返したため、大樹は再びラジエーションハウス内に潜入する。

健太郎の膝の痛みについて気になった唯織はレントゲン写真を今ではあまり行われない写真をフィルムに印刷する方法で読影します。

他の科の医師から唯織が邪魔だとクレームが入り、上司に怒られている小野寺を、大樹は「ダサッ」と見ていた。

フィルムを診た唯織は予約されていた他の患者の脳ドックの予定を遅らせて、もう一度健太郎の膝のレントゲンを撮りたいと話した。

その脳ドックの予約は金田製薬会長だったが、小野寺は健太郎を調べてあげるよう言う。

健太郎の撮影を開始した唯織達だったが、鏑木から「今すぐやめろ」と言われる。

鏑木は医師からのオーダーもなしに撮影を行ったことを問い詰めるが、「責任なら私が取る」と、小野寺が言い、その様子を隠れていた大樹も盗み聞きしていた。

そこに杏がやって来て健太郎のレントゲンをオーダーする。

レントゲンの結果は、健太郎は「骨肉腫」であることが判明する。

唯織は美佐子がガンの家系であること、そして小野寺が撮ったレントゲン写真から、癌などの病気になりやすい、リ・フラウメニ症候群の家系だと推測していたのだった。

ラジエーションハウスに戻った小野寺は大樹と会い、離婚届を受け取る。

ロビーで待ってると言う大樹が去った後、小野寺は「夫婦はこんな紙切れ一枚でスパッと別れられるが病気はそういかない」と話すがが、唯織の病気に対する言葉を聞き、離婚届にサインした。

大樹に離婚届を渡して小野寺は去るが、そこには「離婚なんてするかよ、ばーか」と書かれていた。

その後、唯織は病院長から杏の父親が放射線科医で、本来は兄が病院を継ぐ予定だったと話す。

しかし杏の兄は20年以上前に事故で亡くなっていた。そのために杏は昔の話をしないということだった。

 

2話の感想~2組の親子の物語

今回は2組の親子の物語でしたが、これといって感動することもなく、ただただ観終わった、という感じでした。エンディングでの杏と辻村のデートの約束をしている様子を目撃してしまった唯織の演出だけは面白かったですね。

月9ということもあって、いろいろなところでレビューなどが上がっていますが、やはり本田翼さんの演技が皆さん気になるようで。私もわかってることだし気にするなと思っても、今回はメガネで医者っぽく見せてるのか~とか、やっぱり気になって、ドラマ自体を楽しめない。もちろん、それだけが理由ではないと思いますが。

杏のことを話す唯織と病院長の間を歩く杏がギリギリまで映り込みすぎる演出というか映像は笑えました。あれは本田翼さんが可愛そう。そんな感じでちょいちょい映像に余計なところがあるのか、間延びしているというか、いろいろ詰め込まれてるのか、逆に中途半端な感じがしてしまいます。

ちなみに大好きな窪田くんも、やっぱり主役より脇役の方がハマるな~。もちろん窪田くんが出てる以上は、今後も観ますが、出てなかったらちょっと微妙かも・・・。医療系ドラマって、「コード・ブルー」「救命病棟24時」とか「グレイズ・アナトミー」とか名作がいっぱいなので、期待値があがっちゃてるのかもしれませんが、やはりテンポに違和感を感じてしまいます。

また2話に関していうと、製薬会社の会長婦人を色気で説得するのは、丸山智己さんではなく、矢野聖人さんの方がリアリティがあったかな、と思いました。丸山智己さんって、どちらかというと無骨な感じがあるので、前髪さわるナルシストっぽい感じしないな~って思いました。

という感じで、いろいろミスキャストなのでは、というのが今のところの感想ですかねぇ。1話は様子見、2話で続けて観るかどうか、がだいたい決まるのですが、「ラジエーションハウス」に関しては、3話も様子見な人が多そうですね。視聴率は二桁と調子いいみたいで、結局、当たり前ですが、感想は人それぞれなんですけどね。

ちなみに評価の高い遠藤憲一さんの演技ですが、私はこのドラマの遠藤憲一さんは、力の抜く感じが大げさすぎて苦手です。逆にいいな~って思うのは山口紗弥加さんですかね。目立ちすぎず、存在感はしっかりあり、役にハマってるな~って思います。第3話は山口紗弥加さん演じるたまきの話みたいなので期待しておこう。

私が唯一これは面白くなりそうだな、というのは、ラジエーションハウス内で机を並べて座っているところ。ここでの会話が盛り上がれば、ちょっと面白そうです。