窪田正孝さん演じる唯織が技師仲間、軒下の同級生ために奮闘した月9ドラマ「ラジエーションハウス」第7話の視聴率は11.4%だったそうです!相変わらず好調のようで窪田くんファンとしては嬉しい限りです♪

月9ドラマ「ラジエーションハウス」第7話のあらすじ

ラジエーションハウスでは、裕乃(広瀬アリスさん)が初めて1人で当直を担当することになり不安になっていた。

その頃、乳腺外科に軒下(浜野謙太さん)の中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜さん)と志朗(篠原篤さん)夫妻がやってくる。

軒下に気づいた真貴は、人間ドックで胸にしこりが見つかったために、甘春総合病院にマンモグラフィ検査を受けに来たと話す。

真貴は軒下が卒業アルバムに将来の夢は医者になると書いていたのを覚えていて、軒下が医者になったと勘違いする。

中学時代、真貴に想いを寄せていた軒下は運命の出会いだと思い、医者と言われたことを否定しなかったが、そこに志朗が現れ、真貴と結婚したことを知りショックを受ける。

真貴のマンモ画像を読影していた杏(本田翼さん)は唯織(窪田正孝さん)に相談する。画像をみた唯織はしこりは悪性の疑いが高く、超音波検査をした方が良いと助言する。

 

鏑木(浅野和之さん)は、杏が唯織に意見を求めることを良く思っておらず、技師には技師の、医師には医師の役割があり、医師免許を持たないものが医業をすれば確実に解雇だと杏を叱責する。

五十嵐の首を締めることになると言われた杏は、唯織と距離を置くようにする。

一方、軒下は蛭田から、真貴の超音波検査を優先して受けさせてもらえないかと相談される。

真貴が悪性腫瘍の可能性があると聞き落ち込み、さらに超音波検査をするのに2ヶ月も待たなければならないと聞き、不安に襲われていたのだった。

しかし、中学の同級生だからと言って特別扱いはできないと軒下は答えた。

それでも真貴のことを想い諦めきれない蛭田は、たまたま通りかかった唯織に事情を説明する。

真貴への想いを聞いた唯織は、自分の杏への想いと重ねて激しく共感し、検診難民についての状況も説明するが、
「自分に何かできることはないか考えてみます!」と話した。


(↑激しく共感www)

唯織は、真貴が不安になっているので、なるべ早く超音波検査ができるように乳腺外科に声をかけてもらえないかと杏に相談した。しかし杏は、同じような患者さんは他にもたくさん居る、ここから先は医師に任せて欲しいと言って去って行った。

裕乃が一人で当直をしているところに五十嵐が現れ、真貴のマンモグラフィ検査を始めた。

当直の裕乃には外傷患者のCTとレントゲン撮影の依頼の電話が入る。

一人では無理だと思った裕乃はオンコール担当の軒下に連絡する。

軒下は医者と偽ってマッチングアプリで出会った女性とデート中だったが、唯織が真貴の検査をしていることを知ると、女性に全てを打ち明け、病院へ向かった。

裕乃は暴れる患者に手こずっていたが、そつなく撮影をする軒下を見た裕乃は軒下のことを見直す。

唯織は軒下の「検査じゃ患者を救えない」と言う言葉をヒントに、真貴のマンモグラフィ検査を行った。しこりが良性であることを証明することは技師である自分でもできると考えたのだった。

マンモ画像を見た唯織は良性の腫瘍と診断し、真貴と蛭田に説明する。

それを聞いたふたりは安心し、唯織や軒下にお礼を言う。

二人に医者と偽っていた軒下は、自分は医者ではなく技師であることを正直に告白する。

それを聞いた真貴は、患者を救う仕事に就いたことに変わりはなく、自分たちは技師に助けられたのだと感謝した。

一方、杏はなぜ唯織がこんな珍しい病変に気付けたのか疑問に思っていた。

小野寺(遠藤憲一さん)も、唯織が一体何者なのか気になっていたが、世界的に有名な放射線科医と唯織が一緒に写っている写真を見つけ、唯織に問いただす。

小野寺にその写真を見せられた唯織は激しく動揺するのだった。

次回はいよいよ唯織の正体が?

月9「ラジエーションハウス」第7話は、浜野謙太さん演じる軒下がメインの回でした。一見頼りなさそうな軒下が実は技師としては評価が高い人物だと・・・ってのは、最後の最後ですが、中学の卒業アルバムの軒下の写真がツボでした♪さすが浜野謙太さん。ナイスキャラです。

ストーリーとしては、検査難民と呼ばれる検査待ちの患者がたくさんいるのに、蛭田夫妻を特別扱いしてしまっている唯織には、ドラマとはいえ頂けないですね。。。もう少し自然な流れで検査する、というストーリーにできなかったものかと。

と、ドラマのストーリーにあれこれ言ってると、必ず家族に「ドラマだから」って言われます。そうですよね~。

とはいえ、いよいよ唯織のことを何者なのか・・・と技師長や杏が疑い始めました。来週くらいからそんな話にもなっていくのでしょうか。

さて、第8話ですが、(もう8話になるのか~)
杏の態度にショックを受ける唯織、そしてそんな二人の関係にモヤモヤしちゃう裕乃。たまき(山口紗弥加さん)は、杏に「素直になれば?」告げるし・・・で、3角関係・・・あ、整形外科医もいたので4角関係?の話も盛り上がりそうです。

一方、内科に腹部の痛みを訴えて女性が受診。女性は病院に駆けつけた夫に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させるが、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし・・・。

という、ストーリーのようです。

公式サイトでは、唯織の正体についての話は触れられていませんが、そろそろそちらも動き始める頃かな、と期待しています。正直、もう放射線科医として働けばいいじゃん、って強く思ってますが。

2020年全国公開映画『初恋』

ラジエーションハウスの話題ばかりになっていましたが、窪田くん主演映画、三池崇史監督の『初恋』の超特報映像がyoutubeなどで観れます♪

カンヌ国際映画祭で公式上映されたとニュースになっていたので、気になっていました。

窪田くんが演じる主人公はプロボクサーで、幼児期に捨てられた孤独な青年。試合でKO負けし、精密検査で脳腫瘍のため余命いくばくもないことを告げられる。

自暴自棄になっているところに、暴力団の薬物取引に関わっていた女性の逃走を手助けしたことで、裏社会の抗争に巻き込まれてしまう・・・という原作のないオリジナル作品だそうです。

ラジエーションハウスとうって変わっての窪田くん。

でもやっぱり笑顔は可愛いです♪


(全身バージョン☆)

初めてのカンヌ参戦となった窪田は「カンヌという聖地に連れてきてもらい感無量です。」というコメントでしたが、一ファンの私も感無量です^^

監督&製作陣の全員一致で主役は窪田くんに決まった、ということですがそれだけハマっているんだろうな~と期待も高まります。テレビドラマ「ケータイ捜査官7」以来約10年ぶりに二人の主演&監督での作品です。ファンのあいだでは有名な話ですが、「ケータイ捜査官7」の時、“10年後、あいつを選んだ理由がわかる”と言ってくれた、というエピソードが本当になりましたね~!それこそまさに感無量です^^

映画『初恋』は運命の歯車が一気に狂い、アンダーグラウンドの世界に足を踏み入れることになったボクサー・葛城レオを演じるのが窪田くん。そんなレオと偶然出会うのが、ヒロイン・モニカ役の小西桜子さん。悪をも牛耳ろうとする刑事に大森南朋さん、ジャパニーズマフィアに染谷将太さん、内野聖陽さん、村上淳さん、塩見三省さん、ジャパニーズマフィアの女にベッキーという豪華な出演者で、2020年全国公開です。

映画『初恋』についてはまた詳しくまとめます♪