祝♫第8話視聴率13.3%!番組最高更新!!

窪田くん主演の月9「ラジエーションハウス」の第8話の視聴率が13.3%と、第6話の13.2%を上回り、番組最高記録を更新したそうです。視聴率が絶対の人気指標ではないとはいえ、やっぱり窪田くんファンとしては、嬉しいニュースです。

最初こそいまいちかな~って思ってたけど、どんどん面白くなってきたので、高視聴率も納得です^^

ドラマ「ラジエーションハウス」第8話のあらすじ

小野寺(遠藤憲一さん)に医師であることがバレてしまった唯織。医師であることを他の人には隠してほしいという唯織の希望を受け入れ、小野寺はいままで通り唯織と接する。

その頃、甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美という少女が搬送されてくる。

後日MRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られたため、入院することになる。

杏(本田翼さん)は、カンファレンスで久美へ再度MRI検査を行うと話すが、その席で、杏が目も合わせてくれないことに唯織(窪田くん)はショックを受ける。

そのふたりの様子に、裕乃(広瀬アリスさん)は、何故かモヤモヤした気持ちになる。

一方、杏は唯織が気になっていると見抜いたたまき(山口紗弥加さん)は、「素直になれば?」と杏に告げる。しかし杏は、医療現場で恋愛はあり得ないと答える。

小児科病棟では、入院中の久美の希望で、季節外れのハロウィンパーティーを行うことになっていた。

枕元に願い事を書いた紙を置いて寝ると願いが叶うという言い伝えもある、と唯織や小野寺(遠藤憲一さん)たちも久美から願いごとカードを手渡される。

同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子の姿があった。

陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一に、「盲腸だと診断されたが、薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。

その場にたまたまやってきた久美は、陽子にも願いごとカードを渡す。

陽子は願い事を書き込むが、ゴミ箱に捨てて立ち去る。

たまたま見ていたたまきが拾い上げると、そこには「子供が欲しい」と書かれていた。

陽子は、祐一と子どもの話になったときに、お金がないといわれたことを思い出していた。

小児科の病室では、MRI検査のために看護師が久美を迎えにくるが、突然けいれんを起こし検査は延期になる。

翌日のカンファレンスでは、陽子の画像を鏑木(浅野和之さん)が説明していたが、唯織がもういちど検査をした方がいい、虫垂炎じゃないと口を出す。医者でもない唯織に口を出された鏑木は怒り、もう検査はしないと断言した。

カンファレンスを欠席していた杏が、その話を聞き、陽子の画像を見直すと、杏も唯織同様、妙な違和感を感じた。

杏が唯織のもとへやってきて話をすると、虫垂腫瘍の疑いがあることがわかる。鏑木の診断にケチをつけることになるのでは、とラジエーションハウスのメンバーは心配するが、杏は患者を救うことが我々の仕事だと言い、陽子の検査を翌日に入れる。

そして再検査の結果、陽子は虫垂腫瘍だとわかる。もしも腫瘍が破裂したら卵巣などの摘出も考えられ、将来子供を望めなくなるかもしれないと唯織がつぶやき、杏もその話を陽子に説明した。

小児科病棟のハロウィンの日、MRI検査を予定していた久美がベッドからいなくなるが、杏がひとりで歩く久美を無事に見つける。

杏は検査のため久美とエレベーターに乗るが、いきなりエレベーターが止まり、二人は閉じ込められてしまう。誤って安全装置が作動してしまい、管理会社が来るの30分かかるという。

エレベーターの中では、久美がけいれんし始める。

ラジエーションハウスの面々がエレベーターのドアをこじ開けようとするが、なかなか開かず、唯織はドア越しに杏へ久美の処置を指示をする。

軒下(浜野謙太さん)がバールを持ってきて、なんとかドアは開き、久美はすぐにストレッチャーで処置室に運ばれる。

運ばれていく久美を見送ると、杏は倒れそうになるが、唯織が抱きとめる。唯織が声をかけると、意識が戻った杏は「大丈夫です」と言って歩き出す。

その後、唯織は久美の病室へ行き、久美の両親に、なぜ久美がハロウィンをやろうと言い出したのかを説明した。

久美は、一緒に入院してる子供たちが食べたいお菓子を食べれないところを見て、みんなにお菓子を食べさせてあげたかったからハロウィンを思いついたのだった。

一方、手術をすることになった陽子は、祐一には手術のことは話さないつもりだったが、たまきの言葉で祐一にすべてを話す決心をする。

祐一に、本当は子供が欲しいと本心を言うと、祐一はあたりまえだ、と言った。本当は上手くいってから話すつもりだったが、祐一も陽子に黙って就活をしていたと言った。

祐一も陽子と家族を作りたいのだ、といって陽子を抱きしめた。

その後、唯織が医師免許をもってることを小野寺と院長が話しているところに、杏が偶然やってきてしまい、話を聞いてしまう。

動揺した杏はエスカレーターに乗って自分の部屋に戻ろうとするが、意識を失ってエスカレーターから転げ落ちてしまう。

そこに、たまたま杏を見ていた唯織が、駆けつけて抱き上げる。

倒れた杏はどうなる!?第9話のあらすじ

第8話のエンディングで倒れた杏が気になるので、まず第9話のあらすじです。公式サイトを引用しています。

意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏に駆け寄る唯織。杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打していた。

同じころ、甘春総合病院に、辻村の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)の依頼で、大物政治家の安野(中村梅雀さん)が極秘入院することになった。

安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。丈介は、辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだ。

ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。

記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまうラジエーションハウスの面々。

一方、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じる。

・・・という、ところまでしか公表されていないので、杏がどうなったかは不明です。

8話での杏は頭痛のような症状がときどき出ていたので、そのあたりも気になりますが、大したことなければいいですね~。ドラマとはいえ第8話ともなると登場人物に感情移入もしちゃいます。

医療ドラマでは必ずといっていいほど、誰かがエレベーターに閉じ込められますが、やっぱりラジエーションハウスでも閉じ込められた~!エレベーターに閉じ込められる、というのはネタとしてやっぱり外せないのでしょうか。

密室のなかでハプニングって、何度同じシチュエーションでも、ニヤニヤしながらもやっぱりドキドキしちゃいますもんね。

今回は杏と子供が閉じ込められ、唯織が杏に指示を出す、というあべこべな展開。緊張の場面とはいえ、杏は医者として新人なわけではなさそうなので、もう少ししっかりした方がいいし、唯織はもう放射線科医として働いた方がすべて丸く収まるだろう、と多くの人が思ったに違いない。

けれども、そういう設定のドラマなのだから、視聴者が諦めるしかないですね。

第9話は、これまで存在感の薄かった鈴木伸之さん演じる辻村が、いよいよピックアップされるみたいなので、杏と唯織の三角関係(裕乃も参戦で四角関係?)も本格的に勃発するか、楽しみです。

それにしても、第8話は、窪田くんの腕筋、血管が際立って、ファンならずとも女子は目が釘付けだったとか。いや本当にあれはヤバイ!ドキドキしちゃいますね。その辺も次回も期待したいと思います(笑)

7月公開『東京喰種 トーキョーグール【S】』情報

さて、話は変わり、窪田くん主演で7月19日に公開される『東京喰種 トーキョーグール【S】』の冒頭映像が公開されています。

マギーさん演じる人気モデル・マーガレットが夜の東京をタクシーで走行するなか、前作『東京喰種』の本編映像が東京の街中に映し出される、といった、暗く、でもかっこいい演出でした。夜の東京の様々な場所に、プロジェクターを設置して撮影されたそうです。

大泉洋さん演じる真戸呉緒や蒼井優さん演じる神代リゼ、鈴木伸之さん演じる亜門鋼太朗、他笛口リョーコ、笛口雛実ら前作に出演したキャストのシーンがちらっと観えますが、ヒロインのトーカが写っていないのは、仕方のないことだけど残念ですね。